商品名  資料  価格
井戸茶碗釉1号
本格的な井戸茶碗用釉薬。
標準的な梅華皮(カイラギ)と小貫入が入る。
適用粘土: 井戸茶碗土・萩土
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸茶碗釉2号
本格的な井戸茶碗用釉薬。1,190〜1,230℃程度。
分離した梅華皮(カイラギ)と小貫入が入る。
適用粘土: 井戸茶碗土・萩土
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸茶碗釉2号(高温用)  
本格的な井戸茶碗用釉薬。
分離した梅華皮(カイラギ)と小貫入が入る。
2号釉薬の高温度版。1,230〜1,250℃程度。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
  井戸茶碗釉3号
本格的な井戸茶碗用釉薬。
角形の梅華皮(カイラギ)と小貫入が入る。
適用粘土: 井戸茶碗土・萩土
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸茶碗釉4号
(青井戸用)
 
薄い水色に呈色する青井戸用釉薬。
焼成はムラ焼き。1,220〜1,240℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸茶碗釉5号
(青井戸用)
 
薄い水色に呈色する青井戸用釉薬(低温用)。
焼成はムラ焼き。1,180〜1,210℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸茶碗風長石釉1号  
削り部分は白色カイラギ状になり易く、枇杷色を出し易い長石釉。
施釉方法に工夫を凝らすとカイラギ部分に限られる。1,180〜1,200℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸茶碗風長石釉2号  
1号よりは全体的に乳濁気味で、柔らかい枇杷色になり易い。
1,200〜1,220℃
 1kg/1,200円
5kg/5,500円
井戸用白萩釉   
削り部分がカイラギになり易い、井戸茶碗風白萩釉。
厚めに施釉すると鬼萩調となるワラ白釉。
 1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸風古唐津釉  
削り部分がカイラギとなり易い。
釉薬の薄い部分は透明性が高く、厚い部分は白濁し易い。
若干の鉄分を含む長石釉。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 井戸風唐津釉  
削った部分がカイラギになり易い井戸茶碗風唐津釉(長石釉)。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 唐津釉  
  還元焼成              酸化焼成
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 唐津緑釉  
還元焼成にて緑色艶消し状に焼き上がります。
粗めの土が適しています。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 黒唐津釉  
酸化焼成用黒唐津釉。木灰と含鉄土石のみで調合。
1,220〜1,240℃が適温
販売終了
 黄唐津釉  
黄色発色系唐津釉薬。
素地により枇杷色や橙色に発色し、時に奥高麗風にもなる。
酸化・還元焼成 1,160〜1,200℃程度
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 唐津カイラギ釉  
全体がカイラギ状となる唐津釉で、厚い部分は白濁する。
酸化・還元焼成 1,230〜1,270℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 伊羅保釉(灰)
木灰系の伊羅保釉。
流れ落ちは少ないタイプです。
販売終了
 黄伊羅保釉  
生地の性質によって釉調が著しく変化する釉薬です。
荒い土の方が面白い効果が出やすく
焼成適温は、1.220〜1.240度付近。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
黄伊羅保釉1号
黄瀬戸の代用品にも使える焼成幅の広い黄色釉。
酸化焼成 1,230〜1,250℃
販売終了
黄伊羅保釉2号  
シリーズ中最も明るい色調の釉薬。
酸化焼成 1,230〜1,250℃
販売終了
黄伊羅保釉3号  
シリーズ中最も色の濃い伊羅保釉。
黄瀬戸の代用をする時には白い土が適します。
酸化焼成 1,230〜1,250℃
j販売終了
 伯庵釉
酸化で黄瀬戸色、還元で青磁色、中性で米色磁色
雲母磁土や堅手土など若干の鉄分を含んだ珪土質素地に合います。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
カリ長石釉
井戸茶碗や鳴海織部の赤ラクなど、鉄系の発色を鮮やかに魅せる釉薬。
1kg/1,200円
5kg/6,000円
 カイラギ長石釉   1kg/1,200円
5kg/5,500円
 土灰透明釉1号  1kg/1,200円
5kg/5,000円
 土灰透明釉2号 1kg/1,300円
5kg/5,500円
木灰透明釉    1kg/1,200円
5kg/6,000円
 灰釉  
古陶の風情を求める方に最適な灰釉。
1,200〜1,230℃焼成で、なるべく低めが面白い。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
藁白釉1号 販売終了
藁白釉2号
良質の天然ワラ灰を使用しています。
1kg/1,500円
5kg/7,000円
藁白釉(土石) 
土石調合の藁白釉。
合成土灰を使用しています。
1kg/ 550円
10kg/5,000円
 カイラギ藁白釉
素地に、黒鬼板などを化粧してから施釉します。
鬼板類を化粧した後は、素焼きしてご使用ください。
1kg/1,500円
5kg/7,000円
羊歯白釉   
シダの灰の白濁性を使った、羊歯灰と長石のみの調合。
藁灰釉よりも、白濁し易く
焼成温度は酸化焼成で1.220〜1.250℃程度
還元焼成では1.200〜1.250℃程度が適温です。
1kg/1,500円
5kg/7,000円
 ススキ灰釉(艶有)  
ススキ灰は稲藁の灰と似た性質を示しますが
融点と白濁性は稲藁よりも低く
柔らかい風情が生まれます。
1kg/1,500円
5kg/7,000円
ススキ灰釉(艶消)   
稲科植物であるススキの灰を使った艶消し釉は
素地の鉄分を引出易いようです。
1kg/1,500円
5kg/7,000円
 鬼萩釉  
  酸化焼成              還元焼成
樹脂光沢が特徴の鬼萩釉を再現しました。
素地土に化粧などを施して施釉すると効果的。
酸化・還元焼成 1,180〜1,230℃
販売終了
 白萩釉  
                     酸化焼成(薄掛け)
1kg/1,400円
5kg/6,000円
白萩釉(土石)   
土石調合とは思えぬ柔らかい釉調が自慢。
伝統釉を知り尽くした当店ならではの、藁灰に迫る白萩釉薬です。
1kg/ 700円
10kg/6,500円
 カイラギ白萩釉  
写真は萩土(荒)に施釉しての酸化焼成です。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 窯変白萩釉
 
白土に酸化焼成で緋色のような景色、濃い赤土では青い流れ模様など。
適温は1,220〜1,240℃
 
1kg/800円
5kg/3,500円
御深井釉1号   1kg/1,200円
5kg/5,500円
御深井釉2号  
淡い青磁色の透明釉
1kg/1,200円
5kg/5,500円
籾白釉  
流れのでる籾(モミ)白釉で、朝鮮唐津にも適する。
酸化・還元焼成 1,230〜1,260℃
1kg/1,500円
5kg/7,000円
 卯の班釉   1kg/1,200円
5kg/5,500円
 酸化ビードロ釉  
酸化焼成でビードロ風情の得られる釉薬。
天然灰による絶妙な味わい。ペースト状に練ってご使用下さい。
写真の緋色は灰被土によるもの。
1kg/1,500円
5kg/7,000円
 ビードロ灰釉  
還元焼成用
 1kg/1,200円
5kg/5,500円
黄色飴釉(薄)    1kg/1,000円
5kg/4,000円
 黄色飴釉(濃)   1kg/1,000円
5kg/4,000円
 黒飴釉  
含鉄土石調合による黒飴釉で、朝鮮唐津などにも適する。
酸化・還元焼成 1,230〜1,260℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 木灰透明艶消釉(強)  
木灰調合の透明マット釉。
素地の耐火度により艶消しの度合いが変化いたします。
酸化・還元焼成 1,200〜1,250℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 木灰透明艶消釉(弱)  
木灰調合の透明マット釉。
素地の耐火度により艶消しの度合いが変化いたします。
酸化・還元焼成 1,200〜1,250℃
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 古瀬戸釉  
  酸化焼成              還元焼成 
条痕模様に流れる灰釉。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 古瀬戸釉(鉄)  
酸化焼成
鉄分が多く、流れる灰釉。
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 蛇蝎釉(白)
大きな亀裂の釉薬で、色釉の上に二重掛けしたり
出来た亀裂に別の釉薬を摺込んで再度焼成したりします。
酸化・還元焼成 1,230〜1,250℃
1kg/800円
5kg/3,750円
鮫膚釉(黒)   
漆黒の鮫肌釉薬です。
土の収縮により鮫肌の調子が変化ます。
酸化焼成 1,220〜1,240℃
販売終了
 黒楽釉  
本格的な黒楽釉。
加茂川石の単味で、1,180〜1,250℃が適温です。
1kg/1,500円
5kg/7,500円
 楽焼釉(無鉛透明)
赤楽用透明釉(無鉛) 
 1kg/1,100円
5kg/5,500円
黒高麗釉
 
黒みの強い釉薬です。黒唐津や朝鮮唐津などにも最適です。
適温は1,220〜1,250℃)

 
1kg/1,200円
5kg/5,500円
 
日本伝統釉

(価格はすべて税別)